フルイチ ゼンキチ

古市 善吉

設定無し事務所画像
location_on

島根県

注目カテゴリ

資金調達
法人化に関する具体的な手続きや条件は、国や地域の税法によって異なる場合があります。一般的なガイダンスを提供しますが、確実な情報を得るためには現地の税理士との協議が必要です。

【税金の分納】
税金の分納中である場合でも、法人化は原則的に可能です。しかし、分納中の税金は支払い継続が必要です。法人としての新たな税金も発生する可能性があるため、財務計画が重要です。

【財務状況】
法人化に伴い、財務の健全性が求められます。系列店の運営に必要な資金を確保できるか、および過去の財務状況を考慮することが重要です。

【法人化手続き】
法人化には、会社設立、登記、税務申告などの手続きが含まれます。これらの手続きには時間がかかる場合があるため、早めに始めることが重要です。

【節税戦略】
法人化は節税の機会を提供する場合がありますが、具体的な税制によって異なります。税理士や会計士のアドバイスを受け、最適な節税戦略を計画しましょう。

【法人税と消費税】
法人化後、法人税と消費税の申告・支払いが必要です。これらの税金についても正確な履行が求められます。

法人化を進める前に、現地の税理士や会計士との協議を行い、具体的なプランを立てることをお勧めします。税金の分納についても、税務署や税務当局との調整が必要な場合があるため、専門家のアドバイスを受けながら進めることが賢明です。
会計・税務
【海外在住】日本企業から日本口座に報酬を受け取る場合
2023/9/19 20:44

個人事業主として接骨院を経営しており、またスポーツチームや部活のトレーナー業、講師業も同じ分野で個人事業主として行っています。現在、消費税免税事業者として登録されています。 接骨院では個人の顧客と取引しており、トレーナー業や講師業は法人や学校との取引となっています。また、10月から始まるインボイス制度の登録については、法人側からの登録を要求されています。そのため、接骨院は個人事業主のままであり、法人との取引に関しては合同会社を設立し、インボイス制度への登録を検討しています。 税金や社会保険については検討が必要であることを理解していますが、接骨院業とトレーナー業が同じ分野である場合、税務署からの指摘を受ける可能性があるか、または業種の類似性について指摘を受ける可能性があるかが心配です。 売上の付け替えが難しい状況であり、接骨院の売上は店舗での売上のみです。一方、トレーナー業や講師業は完全に出張形式のサービスです。法人設立時には、所在地を自宅または登記可能なバーチャルオフィスにする予定で、事業を明確に分離する予定です。 このような形で、税務署からの指摘を受ける可能性は低いでしょうか?また、業種(サービス内容)の類似性に関する指摘を受ける可能性はあるでしょうか?

提供いただいた情報に基づきますと、個人事業主としての接骨院業、トレーナー業、講師業を同じ分野で行っているが、取引先が異なり、法人としての取引もあるとのことです。また、法人設立を検討し、インボイス制度への登録を進める予定です。

税務署からの指摘を最小限に抑えるために、以下のポイントに注意することが重要です。

■業種の分離
指摘を受けないためには、業種(サービス内容)の分離が重要です。接骨院業は個人の顧客との取引、トレーナー業や講師業は法人や学校との取引として明確に区別しましょう。

■法人設立の透明性
法人設立時には、取引内容や契約書などを整備し、法的な透明性を持たせましょう。契約書や請求書などの文書を適切に保管し、税務署からの要求に対応できるようにしましょう。

■会計システムの導入
法人と個人事業主の取引を明確に記録するために、適切な会計ソフトウェアを導入しましょう。

■専門家の助言
法人設立や税務に関する専門家(税理士や会計士)の助言を受けることは非常に重要です。彼らは具体的な事情に基づいたアドバイスを提供できます。

■所在地の明確化
所在地について、自宅やバーチャルオフィスについても適切な明確化を行いましょう。

指摘を受ける可能性は完全に排除できないものの、業種の分離と法的な整備、専門家のアドバイスを受けることで、指摘のリスクを最小限に抑えることができます。従って、慎重な計画と適切な対策を講じることが重要です。
インボイス制度が導入される場合、既存の賃貸借契約に変更を加えるかどうかは、一般的には次のような要因に依存します。

1.税抜き金額の変更
税抜き金額が変更される場合、契約書の内容も変更する必要があります。契約書の金額が実際の請求と一致しないと、法的な問題が生じる可能性があります。

2.適用税率の変更
インボイス制度の導入に伴い、適用税率が変更される場合、契約書において新しい税率を反映させる必要があります。消費税率が変更される場合、適用税率の記載が契約書に必要です。

3.契約当事者への通知
既存の契約に変更を加える場合、契約当事者にその旨を通知することが重要です。通知の内容は変更される金額や税率、効力発生日などを含む必要があります。

4.覚書の作成
契約書の変更を新たな契約書として締結しない場合、覚書を作成することが一般的です。覚書には契約の変更内容や効力発生日、双方当事者の同意などが記載されます。通常、「お知らせ」という題名ではなく、「契約変更の通知」など契約内容に即したタイトルが適しています。

契約の変更が法的効力を持つためには、変更内容が明確で、当事者間で合意が得られたことが重要です。変更については、法律事務所や契約専門の法務アドバイザーに相談することを検討することをお勧めします。また、税務専門家とも連携して、税務の観点から変更を適切に処理することが重要です。
給与支払事務所等の開設届出書について、提出すべき場所は、通常、事業の本拠地や主たる営業所の所在地になります。したがって、あなたの場合、飲食店を渋谷で開業しているならば、給与支払事務所等の開設届出書も渋谷に提出するのが適切です。

住所地が川崎になっていることから、住民税について心配されているかもしれませんが、通常、事業の本拠地や主たる営業所の所在地で各種届出を行うのが正しい手続きです。住民税については、所在地に基づいて課税されるため、川崎に住所があるからといって、渋谷での事業に住民税が二重にかかることはありません。

ただし、具体的な税金に関する詳細な情報は、税務署や専門家からのアドバイスを受けることが重要です。経営や税務に関する複雑な事象がある場合、税理士や会計士に相談することをお勧めします。
飲食店開業についてのご質問について、以下に回答いたします。

■開業登録について
飲食店を開業する際、市役所などへの登録が必要です。一般的な手続きには飲食業許可や食品衛生管理者の登録、税務署への納税のための法人番号の取得などが含まれます。また、営業所や店舗を借りる場合は、居住用不動産とは異なる届出が必要です。開業前に所在地の自治体や税務署に相談し、具体的な登録要件や手続きについて詳細を確認しましょう。

■補助金と融資について
飲食店の開業に関して、地域や事業内容によっては補助金が提供されることがあります。補助金の詳細は、所在地の地方自治体や商工会議所などの経済団体で提供される情報を確認することができます。また、無利子または低金利の融資については、地域の信用金庫や助成機関、政府の中小企業支援プログラムなどが提供しています。具体的な融資プログラムについては、金融機関や地域の経済支援機関に相談し、条件や利率などを確認することをお勧めします。

■開業アドバイスとポイント
市場調査と競合分析を行い、ターゲット市場や競合他社の特徴を把握しましょう。
メニューの選定や価格設定を検討し、競争力のある提供内容を確保しましょう。
経営計画や予算を立て、リアルな収支予測を行いましょう。
厨房の衛生管理と従業員の衛生教育に十分な注意を払いましょう。
広告とマーケティング戦略を考え、オープニングプロモーションを計画しましょう。

詳細なビジネスプランを作成し、地域や事業状況に合わせて柔軟に対応し、お客様に価値を提供することが成功の鍵です。
会社設立・許認可
飲食店を別の用途で利用したい
2023/9/12 05:29

両親が運営している飲食店のスペースを、時間帯ごとに別々の事業主として利用したいと考えています。つまり、同じ建物内で異なる事業者として営業する計画です。 まず、同じ建物に複数の事業主が営業することは、基本的に可能です。しかし、地域や建物の利用規約、法的要件によって制約があるかもしれませんので、地元の自治体や関連法令を確認することが大切です。 次に、水道光熱費の確定申告について、時間帯ごとに区切る方法について考えます。通常、水道光熱費の区分けは使用量や利用時間に応じて行われます。具体的な方法は、以下のいくつかの選択肢が考えられます: 1. 利用時間での区分け:営業時間帯ごとに光熱費を計算し、それぞれの事業主が実際の利用時間に基づいて分担します。 2. 利用面積での区分け:スペースの利用面積を事業主ごとに割り当て、面積に応じて水道光熱費を分担します。 3. 定額での区分け:水道光熱費を固定の割合で分担する方法も考えられます。 最適な方法は、各事業主の合意と地域の税務法規に従って決定されるべきです。水道光熱費を家賃に含めて支払うことも可能かもしれませんが、詳細は地域や法的要件によって異なりますので、専門家のアドバイスを受けることをおすすめします。

同じ建物内で複数の事業主が営業することは可能ですが、いくつかの要点に留意する必要があります。以下にアドバイスを提供いたします。

①法的要件と規制の確認: まず、地域の建築基準や地方自治体の規制、建物の利用規約など、法的な要件や制約を確認しましょう。特に飲食店から別の事業への変更には、衛生規定や営業許可などが影響する可能性があります。

②利用時間帯の調整: 時間帯ごとに異なる事業が営業する場合、スケジュールや利用時間の調整が必要です。これにより、スペースの共用がスムーズに行えます。

③水道光熱費の区分け: 水道光熱費の区分けは、利用時間や利用面積、定額での区分けなど、さまざまな方法が考えられます。事業主間で合意を形成し、適切な方法を選択しましょう。また、水道光熱費を家賃に含めるかどうかも検討してください。詳細は地域の税務法規によって異なるため、専門家の助言が役立つでしょう。

④契約の明確化: 利用する事業主間で契約書を作成し、スペースの利用条件、費用分担、責任分担などを明確に記載しましょう。契約書はトラブル防止に役立ちます。

⑤税務処理: 各事業主は、個別に税務処理を行う必要があります。収益と経費を正確に記録し、申告を適切に行いましょう。また、建物の持ち分や家賃なども税務処理に影響を与える要因ですので、税理士と協力して計画的に進めることをおすすめします。

このように、複数の事業主が同じスペースを利用する場合、事前に計画を練り、法的な要件や契約、税務処理を適切に対応することが成功の鍵です。専門家の助言を受けつつ、スムーズな運営を目指しましょう。
個人事業主として借りた資金の使用用途についてのご質問、理解いたしました。

事業資金を借りて、それを合同会社に使用する場合、契約条件や信用金庫との具体的な取り決めが重要です。通常、契約には資金の使用用途に関する制約が含まれています。資金使用用途違反は契約違反とみなされ、返済を求められる可能性があります。

まず、契約書を詳細に確認し、資金使用に関する条件を理解することが大切です。契約に違反しないように、信用金庫と協力して、資金の使途を合同会社に変更するための手続きを進めることが必要かもしれません。信用金庫との協議や交渉が必要な場合、早めに連絡を取ることが重要です。

また、税務の面でも重要なポイントです。合同会社の決算や確定申告に関しても、正確な情報を提供する必要があります。税務の専門家や公認会計士と協力して、税務申告についての具体的なアドバイスを受けることがおすすめです。税務関連のルールや規制も含め、的確なアドバイスを提供できる専門家の助言が役立つでしょう。

最終的な解決策は、契約書の内容と信用金庫との交渉に依存するため、具体的な状況によって異なります。追加のアドバイスやサポートが必要な場合、専門家の協力を検討することが得策です。
政策金融公庫からの融資に関して、以下の点についてアドバイスします。

【運転資金の使い道】
政策金融公庫からの融資は、主に事業の運転資金として利用することが想定されています。運転資金には、事業の日常的な運営に必要な経費や資金が含まれます。例えば、給与支払い、原材料の調達、広告宣伝費、設備の修繕などが含まれます。公庫の担当者から指摘がある場合には、その指摘に従うことが重要です。一般的に、運転資金として事業に直接関連しない個人支出には使ってはいけません。

【資金の使用の追跡】
政策金融公庫は、融資を提供した資金の使用状況を追跡することがあります。融資契約では、融資を受けた資金の使用に関する特定の条件や制限が示されている場合があります。公庫が融資に使用した資金について、後で確認されることがあるため、正確な記録を保持し、資金の使途を明確にすることが重要です。

【白色申告と利息の計上】
白色申告を行っている場合、借入金や支払った利息を経費として計上することが一般的です。借入金の利息は、事業に関連する利息支払いとして経費として計上し、所得税の申告書に記載します。ただし、具体的な計上方法や記載事項は税務署の指導に従うべきです。税理士や会計士の協力を得て、正確な記録と申告を行うことをお勧めします。

公庫からの融資は事業資金として重要ですが、適切な使途と記録が必要です。公庫の提案に従いつつ、事業の健全な運営と税務の正確な処理を心がけましょう。また、税務の詳細な事項については、税務署や税理士のアドバイスを受けることが大切です。
個人事業主から会社員への転職時に源泉徴収票は通常、以下のようなタイミングで提出されます。

1.転職前の年度末(例:12月31日など): 個人事業主としての所得に対する源泉徴収票が必要になることがあります。これは、前年度の所得に対する源泉徴収証明書として提供され、前年度の収入に課税された源泉徴収税額が記載されます。

2.転職後の年度末: 転職後の給与所得に対する源泉徴収票が提供されます。これは、新しい雇用主である会社から提供され、新しい給与に関連する源泉徴収税額が記載されます。

転職前の源泉徴収票は、前年度の所得に対するものであるため、転職前の個人事業主の収入に応じて発行されます。転職後の源泉徴収票は新しい雇用主から提供され、新しい給与に関連するものです。

具体的な手続きや提出のタイミングは地域や国によって異なりますので、所在地によって詳細を確認し、必要な書類や期限に従うことが大切です。また、転職前後の税務処理に関しては、税理士や税務専門家と相談することがおすすめです。
個人事業主の「事業主借」について理解しているようですが、具体的な状況に応じて注意が必要です。以下のポイントを考慮してください。

1.事業主借の処理:
事業主借は、個人事業主が個人の資金を事業に一時的に貸し出す場合に使用されます。支出が事業用であることが明確で、将来的に返済する予定がある場合、事業主借として帳簿に記録することは一般的です。帳簿上で事業主借が残ることは通常、問題ありません。

2.年度をまたぐ場合:
年度をまたいで事業主借が残っている場合、次の年度においても、個人事業主が計画通りに返済するつもりであれば、帳簿上にそのまま記録を続けることができます。返済が実際に行われれば、次の年度の帳簿でそれを反映させます。

3.事業との明確な区別:
事業主借を帳簿上で記録する際、事業用と個人用の支出を明確に区別することが重要です。支出が事業用であること、そして将来的に事業からの収益で返済する予定であることを証拠付けるために、支払いの明細や契約書などの文書を保管しておくことが役立ちます。

4.税務申告:
税務申告時には、事業主借や返済に関する記録が正確であることが求められます。したがって、年度をまたいでの事業主借の取り扱いについては、税理士と相談し、適切な税務申告を行うことが重要です。

最終的なアドバイスとして、事業主借と返済に関する詳細は、具体的な状況と地域の税法に応じて異なる可能性があるため、税理士や会計士に相談することをお勧めします。彼らはあなたの事業に合わせた最適なアドバイスを提供できるでしょう。
古着屋の開業に関してのご相談、ありがとうございます。

古着屋の開業にあたり、いくつかポイントがあります。まず、古物商の申請に関してですが、各地域の規制や要件によって異なる場合があります。事前に地元の担当官庁や関連する法律を確認し、必要な手続きを進めることが大切です。ただし、古物商の申請が完了していなくても、商品を仕入れておくことは可能です。ただし、開業時に販売する際には、必要な申請手続きを済ませる必要があります。

次に、クレジットカードに関してです。プライベート用のカードを使用して仕入れた商品の支払いを行うことは一般的です。ただし、プライベートと事業の支出を分けて管理するために、できるだけ明確な記録を残すことが重要です。レシートを保管しておくことは、支出の正当性を証明するために役立ちます。

開業にあたっては、以下の点にも留意してください。

1.商品の仕入れ先と品質管理:信頼できる仕入先を見つけ、品質の良い商品を提供することが重要です。
2.マーケティングと集客:ネット販売の場合、SNSやウェブサイトなどを活用して効果的なマーケティングを行い、顧客を集めることが必要です。
3.在庫管理:適切な在庫管理を行い、売れ筋商品を確保することで、スムーズな販売が可能です。

開業に向けての準備を進める際には、地域の規制や税金に関する情報を詳しく調査し、専門家のアドバイスも受けることをおすすめします。成功をお祈りしています。
減価償却について、事業所得で償却してきた資産が不動産所得でも償却できるかどうかについて回答いたします。

通常の減価償却と不動産所得の減価償却は異なるものです。事業所得で償却していた資産を、不動産所得として収入を得る際にそのまま引き継ぐことはできません。

不動産所得の場合、資産にかかる減価償却は、「賃貸住宅等の建物等に係る償却資産に係る特例」という特別な償却方法が適用されることがありますが、それも一定の条件を満たす場合に限られます。通常は減価償却の対象となる資産は地積(土地)を除く建物や設備等となります。

したがいまして、以前事業所得で償却していた改装費や設備については、不動産所得として収入を得る際には別途減価償却を行うことはできないことが一般的です。

ただし、個別の納税者の状況や詳細な条件によっては例外的な取り扱いがある場合もありますので、詳細な事情については税理士等の専門家に相談して確認することが重要です。
副業を起業し、所得税の支払い時にバレずに申告する方法についてお伝えしますが、重要な点は合法かつ適切な方法で行動することです。税金に関する不正行為は違法であり、厳重に取り締まられる可能性があるため、正当な手続きを行うことが重要です。

まず、副業起業を行う際の一般的な方法としては以下のような選択肢があります:

(1)副業の開業届出
副業を起業する際に、副業の開業届出を行います。この届出は市区町村に提出されるもので、副業の内容や所在地などが公になります。したがって、副業が会社に知られる可能性がありますが、合法的な手続きとなります。

(2)独立開業
会社を退職し、副業を本業に昇格させる方法です。ただし、この場合も退職理由などにより副業が会社に知られる可能性があります。

(3)副業の秘密保持
副業を起業する場合でも、会社との契約やルールに副業に関する秘密保持条項がある場合があります。この場合は秘密保持に厳格に従い、副業の情報を漏洩させないように注意が必要です。

重要なことは、副業を起業する際には法律を順守し、正当な手続きを行うことです。所得税の申告も正確かつ適切に行うことが重要で、税務署に提出する書類に不備があると会社にも知られる可能性があります。したがって、副業を始める前に税理士などの専門家に相談し、適切な手続きを行うことをお勧めします。副業を通じての収入を得ることは素晴らしいことですが、合法的で適切な方法で進めることが大切です。
個人事業主として事業資金を借りる際の注意点についてアドバイスいたします。

借金の際、借用書を書くことは重要です。借用書には借金の金額、返済条件、利子の有無、返済期限などを明記することで、後々のトラブルを避けることができます。借用書は双方の同意を記録したものとなり、返済計画に基づいて進めることが大切です。

その他にも注意すべき点があります。具体的に以下のようなことを考慮しておくと良いでしょう:

①返済計画の具体化: 返済計画を具体的に考え、返済期限や方法を決めておくことが大切です。利益が出るまでの期間や金額、返済方法などを明確にし、借り手と貸し手の双方が納得する形で進めましょう。

②利子について: 利子を設定する場合、金利の計算方法や利率を示すことが必要です。適切な金利を設定し、利子の支払いスケジュールも明確にすることが望ましいです。

③税務面の考慮: 借入金や利子の支払いは税務申告に影響を及ぼす場合があります。税金に関する規則を確認し、適切な手続きを行いましょう。

④記録の保持: すべての取引や支払いに関する記録を保持しておくことが大切です。領収書や通信記録などを整理し、将来の参照のために保管しておきましょう。

⑤プロフェッショナルの助言: 専門家(税理士や弁護士など)の助言を得ることもおすすめです。特に金額が大きい場合や法的な側面がある場合には、専門家のアドバイスを受けることで安心感が得られます。

総合して、借用書の作成と共に返済計画の明確化や税務面の確認を行い、専門家の助言を受けつつ借金を進めることが重要です。
税務調査などの際には、会計のデータとしてAirレジなどのPOSシステムに記録が残っている場合でも、注文票を紙の書類として残しておくことが重要です。なぜなら、デジタルデータは破損や消失のリスクがあるため、紙の書類を保管することで証拠としての信頼性が高まるからです。

税務調査では、データの改ざんや不正な取引を防ぐために書類の保存が求められることがあります。また、法人としての経営においても、会計上のトラブルに備えるために正確な取引記録を残しておくことは重要です。

注文票は、店内でお客様のオーダーを正確に受けるための重要な書類でもあります。そのため、POSシステムと連動しているとしても、紙の注文票も保管しておくことをお勧めします。記録の一貫性と信頼性を確保するためにも、デジタルデータと紙の書類の両方を残すことが適切であり、税務調査などで役立つことでしょう。
賄い代についてのお問い合わせありがとうございます。

賄い代は、専従者に提供する食事や飲み物の費用を指します。一般的には、賄い代は経費として計上することができます。

経費として計上する際には、以下の点に注意してください:

①適正な金額の設定
賄い代の金額は、適正な範囲内で設定する必要があります。過度に高額な賄い代は、経費として認められない可能性があります。一般的な業界の標準に合わせて設定しましょう。

②明確な支払い記録
賄い代の支払いには、明確な記録を残すことが重要です。支払い金額や支払日などを明示し、帳簿や領収書などの証拠を保管しておきましょう。

③飲食物の範囲
賄い代には、専従者が業務に必要な飲食物が含まれます。ただし、私的な飲食物や非業務用の飲食物は含まれないため、適切な区別をしてください。

以上の点に留意しながら、適正な範囲内で賄い代を経費として計上することができます。ただし、税法や会計基準は地域や個別の事情により異なる場合がありますので、詳細なガイダンスが必要な場合は税理士や会計担当者に相談することをおすすめします。
夫が個人事業主として経営しているフランチャイズ店舗を閉店し、同一県内の既存店舗を妻が事業主として引き継ぐ場合、妻が事業主として開業届けを出し、現在と同様に運営することを考えているとのことですね。

妻が事業主として開業届けを出し、経営を引き継ぐ場合、夫が青色専従者として消費税課税事業者となることは可能です。ただし、2年間の消費税免税事業者となるためには、一定の条件を満たす必要があります。

消費税法において、新たな事業主が既存の事業を引き継ぎ、引き継いだ事業の内容や規模が一定の条件を満たす場合、2年間の消費税免税措置が適用されることがあります。具体的な条件は法律や税務当局のガイドラインによって異なるため、詳細な条件を確認する必要があります。

したがって、妻が事業主として開業し、夫が青色専従者として運営する場合、消費税免税の適用を受けるためには、詳細な条件を確認し、条件を満たすような経営形態を構築する必要があります。

経営に関する税務の専門家(公認会計士や税理士)の助言を受けることで、具体的な条件や手続きについて正確な情報を得ることができます。詳細な条件の確認や申請手続きについては専門家のアドバイスを受けることをおすすめします。
確定申告の処理方法について、妻の屋号で処理することは可能ですが、いくつかの点に留意する必要があります。

①契約者が妻の屋号である場合: フランチャイズ事業やDVDの販売など、契約者が妻の屋号である場合、収入や経費の帳簿処理は妻の屋号で行うことが一般的です。収入や経費の明細には妻の屋号を使用し、正確な帳簿を作成してください。

②妻の開業届提出と収入の少なさ: 妻がWebライターとして開業届を提出し、収入がまだ多くない場合でも、開業届提出後から確定申告が必要となります。収入の少なさに関わらず、所得税や消費税の申告は正確に行う必要があります。

③自身の活動と代理店営業: 本業がない休みの日に代理店営業を行っている場合、個人事業主としての所得が発生する可能性があります。自身の活動に関する所得や経費についても、正確な帳簿を作成し、妻の屋号と個人の所得を区別して管理してください。

確定申告においては、正確な帳簿処理と適切な届出が重要です。収入や経費の明細を妻の屋号で管理し、必要な書類や証拠を保管しておくことが大切です。
創業融資を受けるためには、ブラックリストに登録されている場合でも他の手段を検討する必要があります。奥さんを代表にすることで融資を受ける可能性がありますが、具体的な条件や手続きについては金融機関や融資プログラムによって異なります。以下に一般的な考え方をご説明します。

①代表としての資格: 奥さんが代表になるためには、法的に代表資格を有している必要があります。会社法や金融機関の規定に従って、代表になるための条件や手続きを確認してください。

②奥さんの信用力: 代表になる奥さんの信用力が融資の審査に影響を与える可能性があります。信用情報や収入状況などが評価され、融資の可否や条件に影響することがあります。

③自己資金: 自己資金として150万円を持っているとのことですが、金融機関によっては自己資金の比率を要件とする場合があります。創業融資においては、自己資金の割合や金額が重要な要素となることが多いです。

以上の点を踏まえて、奥さんを代表にして創業融資を受けることは一つの選択肢です。ただし、具体的な条件や手続きについては金融機関や融資プログラムによって異なるため、直接相談して具体的なアドバイスを受けることをおすすめします。また、他の融資手段や資金調達の方法も併せて検討することが重要です。
基本的には、個人事業主が自身の飲食代を経費として計上することはできません。個人事業主の経費計上は、主に業務遂行に直接関連する費用に限られます。個人事業主が得意先の飲食店で一人で飲食する場合、その費用は付き合いの意味合いがあっても、個人的な費用とみなされます。

ただし、一部の特殊なケースでは、業務上の必要性や一般的な慣行によって経費として認められる場合もあります。たとえば、業務会議や商談が飲食を伴う場合、あるいは取引先との関係を構築するために必要な場合などです。しかし、一般的な飲食や交際の場面においては、経費とはみなされないことが多いです。
1人の会社を経営しているものの、これまで報酬がない場合でも、個人の確定申告は必要です。個人事業主として経営している場合、所得税や住民税の申告が求められます。

報酬がない場合でも、事業活動による収入や経費が発生している可能性があります。経費は経営に必要な費用であり、事業の拡大や運営にかかる費用として計上できます。また、報酬がなくても営業所得として所得税の課税対象となる場合もあります。

個人の確定申告には、確定申告書の提出と税金の納付が含まれます。経費や所得に関する詳細な情報を申告し、税務署の指示に従って申告書を作成して提出する必要があります。

なお、具体的な事業状況や所得金額によっては、確定申告が不要となる場合もあります。しかし、一般的には個人事業主としての確定申告が必要となることが多いため、税務署や税理士に相談して適切な申告手続きを行うことをおすすめします。
起業後、報酬が0円の予定である場合でも、年金事務所への届け出は必要です。起業した段階で個人事業主として事業を行っているため、年金の加入や納付に関する手続きが必要です。具体的には、以下の手続きがあります。

①年金加入の届け出
起業後、自営業として事業を行う場合は、年金に加入する必要があります。年金事務所に所定の届け出を行い、加入手続きを行います。

②年金の納付
加入後は、事業所得に応じて年金の納付が求められます。収入がない場合でも、最低限の年金保険料の納付が必要な場合がありますので、詳細な納付方法については年金事務所に相談してください。

起業後に必要な他の手続きには、以下のようなものがあります。

①税務申告
個人事業主としての収入に対しては、所得税や消費税の申告が必要です。税務署に所定の書類を提出し、税金の申告・納付手続きを行います。

②健康保険の見直し
サラリーマンとして健康保険に加入している場合、起業後の健康保険の加入状況を確認し、必要に応じて手続きを行ってください。所得や事業規模によって加入条件や保険料が変わることがあります。

以上が一般的な起業後の手続きですが、具体的な状況や業種によって異なる場合があります。税理士や社会保険労務士などの専門家に相談することをおすすめします。
会社にバレずに副業起業を行うための対策についてお聞きですね。

以下にいくつかの対策をご紹介しますが、具体的な対策は個別の状況や会社の規定によって異なるため、自身の状況に合わせて慎重に考えてください。

①倫理規定や契約書の確認
まず、所属している会社の倫理規定や雇用契約書をよく確認しましょう。副業に関する明確な規定や制限があるかどうかを把握します。

②情報漏洩の防止
会社の機密情報や顧客情報を厳守することが重要です。副業の際には会社の情報漏洩につながらないように注意し、会社との競合や利益相反が生じないように心掛けましょう。

③勤務時間外の活動
副業は会社の勤務時間外や休日に行うことが一般的です。会社の業務に支障をきたさないように注意し、副業と会社の仕事をきちんと分けることが重要です。

④宣伝や広告の控えめな展開
副業を行う場合、自身の宣伝や広告活動には注意が必要です。会社のイメージや競合関係に影響を与えないように、控えめに展開することを心がけましょう。

⑤コンフリクトの回避
副業と会社の仕事がコンフリクトする可能性がある場合は、調整や優先順位の見直しを行うなど、バランスを取るよう努めましょう。

重要なのは、副業を行う際には法律や会社のルールを守り、誠実に行動することです。また、会社への報告義務や相談の必要性もある場合がありますので、会社の規定や上司とのコミュニケーションを大切にしましょう。
起業の準備期間において、事業の運営に直接関係する経費は、会社の費用として計上することができます。具体的には、起業準備時期の家賃や交通費は、起業した会社の経費として充てることができます。

しかしながら経費を計上する際には、いくつかの条件を満たす必要があります。まず、経費が起業準備に必要なものであり、事業の運営に直接関係があることが求められます。また、経費の支払いが適切に記録され、正当な理由があることも重要です。

具体的な経費の計上方法や条件は、国や地域の税法や会計基準によって異なる場合があります。そのため、正確なアドバイスや具体的な手続きについては、税理士や会計士に相談することをおすすめします。彼らはあなたの事業や個別の状況に基づいて、最適なアドバイスを提供してくれます。

起業準備期間にかかる経費の適切な計上は、将来的な税務や会計の健全な運営に影響を与えます。適切な相談と計画を行うことで、スムーズな起業と経営が実現できるでしょう。
合同会社を設立し、妻を社員として雇用する場合、サラリーマンの社会保険の扶養から外れるかどうかは、具体的な条件や法律によって異なります。

一般的に、配偶者を扶養に入れるためには、主たる収入源がサラリーマンの収入であり、その収入によって扶養を受ける配偶者の生活費が賄われていることが求められます。配偶者が自身の収入を得る場合、サラリーマンの扶養から外れる可能性があります。

しかし、具体的な扶養の条件は国や地域によって異なるため、詳細な情報が必要です。例えば、どの国や地域で居住しているか、どのような法的なルールが適用されるかなどが関係します。

一般的な傾向として、配偶者が合同会社の社員として報酬を得る場合、サラリーマンの社会保険の扶養から外れる可能性が高いです。また、パート社員として雇用される場合でも同様です。

しかし、具体的な条件や法律によって異なるため、詳細な情報に基づいたアドバイスを受けることが重要です。
合同会社を設立し、役員として活動する場合の社会保険については、以下のような考え方が一般的ですが、具体的な状況によって異なる場合もありますので、税理士や社会保険労務士に相談することをおすすめします。

■夫が役員報酬を受け取らない場合
夫が役員報酬を受け取らず、健康保険や年金への加入がない場合、本業の会社での加入が免除されるかどうかは、具体的な事情により異なります。一般的には、本業の会社で加入している場合は、副業の範囲内での収入が一定の範囲を超えない場合には免除される可能性があります。ただし、詳細な条件や手続きは、所属する健康保険組合や年金基金、地域の社会保険労務士などに確認する必要があります。

■妻が役員報酬を受け取る場合
妻が役員報酬を受け取る場合、健康保険や年金への加入義務が発生する可能性があります。具体的な加入義務は、所得の金額や時間の範囲、会社の形態などによって異なります。一般的には、役員報酬を受け取ることで所得が発生し、一定の基準を超える場合は、社会保険への加入が必要とされます。また、会社の形態によっても異なる場合がありますので、詳細な条件や手続きは、税理士や社会保険労務士に相談することが重要です。

以上の点を考慮しながら、具体的な場合においては、所属する健康保険組合や年金基金、地域の社会保険労務士などに相談し、詳細な条件や手続きについて確認することをおすすめします。
個人事業主の開業費の償却についてですね。

一般的には、開業費の償却は「5年で均等償却」とされています。これは、開業費を購入時の金額を5年間に分割し、毎年同額を償却費として計上する方法です。この方法は税務上の一般原則となっています。

ただし、開業費の償却期間や方法に関しては、納税者が自由に決めることができるという情報も存在します。つまり、一定の範囲内で償却期間や方法を選択することが可能です。ただし、この範囲内での選択は税務上の合理性や一貫性に照らして行われる必要があります。

具体的には、税務署の指導や税理士のアドバイスを受けながら、開業費の償却に関する方針を決定することが重要です。個別の事情や税務法規に基づいて最適な方法を選択することで、開業費の償却に関する税務上のリスクを最小限に抑えることができます。

したがって、税法上の一般原則としては「5年で均等償却」が一般的ですが、具体的な適用方法や範囲に関しては個別の状況により異なる場合があります。
一般的には、開業費は事業の立ち上げに関わる費用であり、会計上の取り扱いが求められます。開業費は税務申告や経営分析などの目的で重要な情報となるため、会計ソフトに適切に入力することが推奨されます。

また会計ソフトに開業費を入力することで、以下のようなメリットがあります。

①税務申告: 開業費の正確な金額を入力することで、青色申告や所得税の計算に反映されます。適切な開業費の計上により、事業の収益と費用を正確に把握し、税務上のメリットを享受することができます。

②経営分析: 開業費は事業の立ち上げにかかる初期費用を表します。会計ソフトに開業費を入力することで、事業の初期投資や費用構成を把握し、将来の経営計画や予算策定に役立てることができます。

③財務管理: 開業費の計上により、事業の資金繰りや財務状況を正確に把握することができます。会計ソフトに開業費を入力することで、事業の収入と支出のバランスを管理し、適切な経営判断を行う基礎となります。

ただし、各企業や個人の状況によっては、開業費の計上が必要ない場合もあります。例えば、事業の規模や性質によっては、開業費が少ない場合や一部の費用が事業費として計上される場合があります。

したがって、具体的な状況に基づいて税理士や会計士と相談し、会計ソフトにおける開業費の取り扱いについて判断することをおすすめします。
まず、開業届を再提出し業種や事業内容を変更することは一つの選択肢です。この場合、主力事業に関連する業種や事業内容を正確に記載し、それ以外の業種や事業内容は削除することになります。再提出後は、主力事業に関連する所得を事業所得として申告することになります。

一方、主力事業以外の所得については、雑所得として申告することもできます。雑所得は、事業所得以外の収入や所得のことを指します。主力事業以外の所得がある場合は、適切な範疇に応じて雑所得として申告し、税務申告書上で適切に区分する必要があります。
副業として個人事業主として開業する場合、一般的な個人事業主と同様の開業手続きや青色申告を行うことができます。以下に一般的な手続きをご説明しますが、具体的なケースによって異なる可能性があるため、税務署や専門家に相談することをおすすめします。

まず、開業届の提出が必要です。所轄の税務署にて開業届を提出し、事業の開始を届け出ます。開業届では、事業の名称や所在地、事業内容などを記載します。

また、所得税の申告方法として青色申告を選択することができます。青色申告は、個人事業主が経費の明細を付けて所得を計算し、確定申告を行う方法です。

副業の場合、本業の会社員としての源泉徴収が行われているため、給与所得と事業所得の両方がある場合は所得税の計算が複雑になることがあります。したがって、確定申告の際には収入や経費の明細をきちんと管理し、適切な所得税の申告を行う必要があります。

さらに、副業開業に際しては、本業の雇用契約や労働条件に反しないように注意が必要です。雇用主や労働契約書によっては副業を禁止している場合もありますので、会社のルールや労働契約を確認しましょう。

最後に、地方自治体や業種によっては追加で必要な許認可や手続きがある場合もあります。具体的な事業内容や地域の要件によって異なるため、所轄の役所や専門家に相談してください。

副業として個人事業主として開業する際は、適切な手続きと正確な記録管理が重要です。
青色申告を受けるためには、開業届の提出が必要です。一般的には、開業届を提出した日から開業とみなされます。ただし、具体的な開業届の提出期限や条件は地域や税務署によって異なる場合がありますので、所轄の税務署に確認することをおすすめします。

開業届をまだ提出していない場合、青色申告の特典を享受することは難しいです。青色申告は、通常は開業から2ヶ月以内の提出が条件となっています。したがって、開業届の提出が遅れている場合、今年は青色申告を行うことはできない可能性が高いです。

ただし、開業届の提出が遅れた場合でも、後日提出することで来年以降に青色申告が可能になる場合もあります。具体的な状況によって異なるため、税務署や税理士に相談して、最適な対応方法をご確認ください。

なお、個人事業主として活動している場合でも、開業届の提出やその他の手続きが適切に行われていないと、税務上のトラブルやペナルティのリスクが生じる可能性があります。適切な手続きを行うことで、税務に関するリスクを最小限に抑えることができますので、早めに手続きを進めることをおすすめします。
友人との共同経営での融資は、一般的に可能です。日本政策金融公庫や他の金融機関から融資を受ける際には、共同経営者としての申請や審査が必要となります。

共同経営者としての融資を受ける場合、以下の点に留意する必要があります。

共同経営契約書: 共同経営者間での役割分担や権限などを明確にした契約書を作成することが重要です。

責任範囲: 共同経営者としての責任範囲を明確にし、個別に連帯保証人などの責任を負う場合もあります。

融資条件: 融資条件は、共同経営者の信用力や財務状況、経営計画などを基に金融機関との交渉によって決まります。

各自の財務状況: 共同経営者それぞれの個別の財務状況も考慮されますので、個別に必要な情報や書類を提出する必要があります。

具体的な融資条件や手続きについては、各金融機関の要件や政策によって異なる場合があります。税理士や金融機関の担当者に相談し、具体的な手続きや条件を確認してください。
自己破産を経験していても、日本政策金融公庫からの借入は可能です。日本政策金融公庫は、中小企業や個人事業主の資金需要を支援するための公的な金融機関です。

ただし、借入の可否や条件については、具体的な状況や評価基準によって異なる可能性があります。日本政策金融公庫では、信用調査や事業計画の審査を行います。過去の倒産経験は一つの要素ですが、それだけで借入が不可能となるわけではありません。

重要なのは、現在の事業の健全性や収益性、返済能力などが評価されることです。具体的な資金需要や計画をまとめ、日本政策金融公庫に相談することをおすすめします。専門家のアドバイスを受けながら、借入の可否や適切な条件を確認することが重要です。
金融機関に追加融資を申し込む場合、通常は上申書や申請書類を提出することがあります。これによって、融資の目的や必要な金額、返済計画などが明確に伝えられます。具体的な提出書類や手続きは、金融機関や融資プログラムによって異なる場合がありますので、詳細な要件を確認する必要があります。

一般的な上申書や申請書類には、以下のような情報が含まれることがあります。

①融資の目的や利用予定資金の詳細
②返済計画や返済能力の見通し
③会社の財務状況や財務諸表
④保証人や担保の有無、その詳細
⑤事業計画や将来の見通し
⑥必要な場合には、事業主や役員の個人情報や保証に関する情報

上記の情報を提出することで、金融機関は融資の審査を行い、追加融資の可否を判断します。ただし、具体的な提出書類や手続きは金融機関によって異なるため、申し込む金融機関の要件を確認し、必要な書類を提出するよう努めてください。また、税理士や専門家のアドバイスを受けることもおすすめです。
株式会社の代表に出資金の払い戻しは原則的に可能ですが、手順によって異なります。まず、代表からの出資は原則的に無期限出資であり、会社から払い戻しを受けることはできません。

ただし、会社法に定められた手続きを行うことで、代表に出資金の払い戻しが認められる場合があります。具体的には、自己株式取得や新株予約権の行使により、株式を減少させ、その代金を代表に支払う方法があります。

ただし、この場合、会社の財務状況によっては、払い戻し金額を確保できない場合があります。また、株主資本等変動計算書や所得税において課税の対象となる可能性があるため、税務上のリスクがあることにも注意が必要です。
ご質問ありがとうございます。中間納付によって税金をすでに支払っている場合でも、法人の決算時には均等割で税額が発生することがあります。これは、中間納付の金額が実際の法人所得税額を上回った場合に生じます。そのため、法人の決算で確定した所得に応じて法人所得税が計算され、中間納付分を差し引いた残りの税金が発生することになります。また、法人税法には所得割の規定があり、所得に応じて法人税の税率が決定されるため、所得がある限り税金が発生することになります。ただし、税務署からの還付金が発生する場合には、その額が中間納付額を上回ることがあるため、還付金が発生することもあります。決算時の税額について詳しく知りたい場合には、税理士に相談してみることをお勧めします。
自己破産を経験した場合、事業資金融資を受けることができるかどうかは、個別の状況によって異なります。一般的には、自己破産から5年以上経過している場合には、融資を受けることができる可能性があります。ただし、融資を受ける際には、自己破産の事実を開示する必要があります。

また、日本政策金融公庫が行う中小企業経営力強化資金の融資については、自己破産をしている場合でも審査を行っているとされています。ただし、融資を受けるためには、信用力の再建や事業計画の立案など、様々な条件をクリアする必要があります。具体的には、事業計画や資金使途の説明、財務諸表の提出、保証人の確保などが必要となります。

したがって、今回の場合も、事業計画や財務状況などに応じて、日本政策金融公庫が定める条件をクリアすることが必要です。具体的な対策については、専門家に相談することをおすすめします。
輸入した物を国内で売る場合に消費税がかかりますが、課税事業者の場合にはその消費税を納付するために、販売価格に消費税を加算して顧客に請求することができます。ただし、商品の原価や販売価格、諸経費などを考慮した上での利益率によっては、消費税を納付するために赤字になることがあり得ます。その場合には、事業主として収支の見直しを行う必要があるかもしれません。また、消費税の納付に関しては、適切な課税計算や請求書の作成、納税期限の把握などが重要ですので、税理士などの専門家の助言を受けることをおすすめします。
開業届を提出し、毎年の合計所得が50万円以下である場合でも、計画性のある事業内容であれば融資を受けることは可能です。ただし、融資を受けるには収益力の見込みや返済能力が重要なポイントになります。事業計画書や財務諸表を作成し、融資審査のために提出することが必要です。また、店舗を持つ場合は、建物の賃貸借契約や運営費用などを考慮した費用対効果の分析が必要です。

低所得であるためこれまで白色申告であった場合でも、売上高が1000万円以下であれば青色申告を選択することが可能です。青色申告は、所得税額控除額が増額されるなどメリットがありますが、確定申告においては、各種経費の正確な記帳が必要となるため、会計帳簿を正確につけることが重要です。青色申告のタイミングは、事業を開始した直後から選択することができます。税務署や税理士に相談し、正確な記帳と申告を心がけましょう。
はい、合同会社でも株式会社と同じように配当を支払うことができます。ただし、合同会社は出資額に応じて配当を支払う株式会社とは異なり、出資割合に応じて配当を支払うわけではなく、各出資者に対して平等に配当を支払うことが原則となります。また、会社の業績に応じて配当を支払える余裕がある場合に限り、配当を支払うことができます。具体的には、決算に基づく配当額を出資者総会で決議し、出資者に支払います。ただし、配当には所得税がかかるため、出資者にとっては配当を受け取った場合の税金の処理にも注意が必要です。
売却に関わる税金は、個人事業主や法人の種類によって異なります。

合同会社がアフィリエイトサイトを売却する場合、所得税は売却益から必要経費を差し引いた額に対して課税されます。課税率は、法人税と同様に事業年度の税率が適用されます。また、国民健康保険や介護保険などの保険料や、地方税、事業税などが必要になる場合もあります。

なお、法人税については、合同会社が所得金額が3,000万円以下の場合、10%の税率が適用されます。所得金額が3,000万円を超える場合は、20.42%の税率が適用されます。しかし、所得金額や税率は事業年度ごとに変化するため、確定申告時に最新の情報を確認する必要があります。
節税対策を目的として会社を設立する場合、個人事業主から株式会社や合同会社への移行を検討することが一般的です。どちらの法人形態を選ぶかは、具体的な経営計画や目的によって異なりますが、一般的には合同会社が節税に有利な場合があります。

合同会社は、株式会社と比べて役員報酬や賞与の支払いが自由に決められる点や、所得税の課税方式が違うことなどが節税につながる場合があります。ただし、法人税や住民税は同じように課税されるため、それぞれの事業の収益状況や将来的な発展性を考慮し、適切な法人形態を選択することが重要です。

また、倉庫兼事務所としてマンションを賃貸する場合には、居住者に対する配慮や建物管理についての法令遵守が求められます。物品の保管についても、関連する法律や条例を遵守しなければならない場合がありますので、必要な手続きや法令遵守についても事前に確認しましょう。
車両を所有しているのが会社Aであり、会社Bでも使用している場合、ガソリン代等の車両費用は、使用した会社で計上することになります。すなわち、会社Aで使用した場合は会社Aの経費として、会社Bで使用した場合は会社Bの経費として計上することになります。ただし、使用する割合が明らかでない場合は、使用時間や距離、目的などに応じて、合理的な方法で費用の分担をする必要があります。税務署に提出する申告書類では、どちらの会社で使用したかを明記することが必要です。
創業融資を受けた場合、使用用途について市や金融機関によって異なりますが、一般的には事業資金や設備購入などの目的に限られます。個人の借金の返済に使用することは認められていない場合がほとんどです。ただし、事業の拡大や雇用の増加など、事業の発展につながる用途であれば認められる可能性があります。創業融資の利用前には、具体的な使用用途について相談してみることをおすすめします。
支援資金制度に関して、下記条件での融資可能性についてお答えします。

業種が中国製品の輸入およびアメリカ、ヨーロッパへの輸出業である場合、越境EC事業の支援資金制度が適用される可能性があります。
資金の用途が機材購入、仕入れ運転資金、市場調査である場合、支援資金制度の対象になることがあります。
ただし、借り入れ資金の希望額については、各支援制度によって異なるため、詳細な調査が必要です。
一般的に、越境EC事業にはリスクが伴うため、融資の審査には慎重な判断が必要です。信用力や返済能力があることが必要条件となります。また、起業家向けの支援制度には年齢制限や起業期間の制限があるものもあります。
相続財産を担保に銀行融資を受ける場合、その資産による収入と負債は、相続時の状況によって異なります。まず、不動産賃貸業は相続財産に該当し、個人事業主の薬局事業は個人財産に該当します。中古アパートの購入に際して、担保にした相続財産によって、資産と負債の帰属が決まります。そのため、具体的な資産収入負債の帰属については、司法書士や弁護士、または税理士に相談されることをお勧めします。ただし、夫婦共有の場合は、夫婦共同で所有する資産として、帰属が決まる可能性が高いことに留意してください。
借金の利息は、経費計上することができます。ただし、借金自体が事業資金として使われる場合に限ります。つまり、借金が事業に直接関係する場合に限り、利息は事業費として計上することができます。一方、退職金が事業資金として使われている場合に限り、その利息も経費として計上することができます。しかし、利息を計上する場合には、正確な金額を算出し、証拠となる書類を保管する必要があります。また、借金の返済に関する記録も適切に管理し、必要に応じて確定申告の際に提出することが必要です。
アフィリエイト事業で創業支援を受けることも可能ですが、収入が安定していない場合、融資を受けるのは難しいかもしれません。
また、創業支援制度は地域によって異なるため、詳細については地域の担当窓口に問い合わせてみることをお勧めします。収入を安定させるためにも、事業計画の策定や収益性の向上を考えることが大切です。
会社設立・許認可
ハンドメイド作家用の口座開設の申請
2023/2/20 12:50

こちらを初めて利用させていただきます。よろしくお願い致します。 私は数年前からハンドメイドで製作したアクセサリーなどを お店での委託販売、ネットのminnneで販売、イベント出店、ワークショップ開催などをしています。 今までは趣味の範囲内で行っていたので材料費を引いたらまだまだ赤字くらいだったのですが、今後はもっと活動の幅を増やしたいと思い本格的に動けるように開業届と青色申告承認申請書を出してきまた。(申請日・開業日共に令和4年5月17日)) まだ棚卸や今までの取引のまとめなど分からないことが多いのですが、先に口座開設について質問させてください。 今までは自分個人のゆうちょ銀行の総合口座を使用して振り込みや送金をしていましたが、屋号のハンドメイド用で口座を作りたいと思い郵便局に行きました。必要書類として、開業届の控え、個人事業の内容が確認できる資料としてminnneのページのコピーを持参しました。 ただ他にも、個人事業の財務状況(収入と支出)が確認できる書類又は事業計画書が必要と言われました。 開業するということで、会計ソフトフリーは入れたのですが(今は無料お試し期間中です)まだ口座など同期できてない状態なのでほぼ未記入です。 財務状況というのは開業届を出す前の収入や支出状況でも良いのでしょうか?またそれは数カ月間の記録でしょうか、年単位でしょうか。 事業計画書を作成となった場合はどのような形で出せばよいのでしょうか。ハンドメイド作家とのことで計画書というのがかなりあいまいで自信がないのですが。 長々と書いてしまいましたが、わからないことだらけで。 どうぞよろしくお願いいたします。

ご質問に回答させて頂きます。
財務状況というのは、開業届を出す前の一定期間の収入と支出の状況を示したものが一般的です。ただし、期間に関しては具体的に指定されている場合もあれば、指定がない場合もあります。申請する金融機関によって要求される書類が異なるため、具体的な期間については、申請する金融機関に確認することが重要です。

事業計画書については、ハンドメイド作家の場合は、どのような作品を制作し、販売するのか、販売先や販売方法、価格設定、販売目標などを記載する必要があります。また、販売予定数や利益目標なども明確に示すとよいでしょう。計画書に必要な内容や書式につきましても、金融機関により異なる場合が多いため、申請する金融機関に確認することをおすすめいたします。

事業計画書があいまいな場合は、具体的な目標や数字を示すことで、金融機関にアピールすることができます。
退職金がある場合、所得税や住民税の対象となります。また、スタートアップ会社の設立に伴い、来月からは法人としての確定申告が必要になります。具体的な納税期限や申告書類は、税務署のホームページや税理士に相談することで把握できます。確定申告には期限があるため、早めに準備し、申告を行うようにしましょう。
まず、確定申告の期限が過ぎてしまった場合は、遅延税が課せられますので、速やかに申告手続きを行いましょう。

確定申告には、青色申告と白色申告があります。スタートアップの場合、利益が1000万円以下であれば青色申告が適用されます。

青色申告の場合、個人事業主としての経費が認められますので、収入から必要な経費を差し引いた金額が課税対象となります。

具体的な申告手続きについては、税理士や税務署に相談することをおすすめします。税理士に依頼することで、節税のアドバイスや申告書の作成支援など、専門的なアドバイスを受けることができます。

確定申告は初めての方でも、取り組むことができます。一度、税理士や税務署に相談してみてください。

0件選択済み

無料会員登録