法務・知財・特許

会社倒産後の会社が保有する知的財産(主に著作権)につきまして

2023/2/14 08:48

私はスタートアップ企業立ち上げメンバーです。決裁者は別におり、私には決裁権はありません。 会社は事実上倒産しておりますが(運営資金無し、給料2か月未払い)決裁者は頑なに倒産を認めようとしておりませんので、こちらで動ける範囲として権利の確認をさせて頂ければと思っております。 ①会社で保有する知的財産(会社に著作権のあるキャラクター)は、誰かに譲渡しなかった場合、倒産後どういった扱いになるのでしょうか。 ②会社で使用するために制作したウェブサイトがあるのですが、すべて個人で負担し、制作しております。会社に著作権があるキャラクターを外せば、会社に帰属しないウェブサイトとして考えてよいのでしょうか。 ③知的財産を譲渡してもらう場合、取り交わす書類として譲渡するものが明確にわかり、社判や決裁者印があればフォーマットはどうあれ、法的拘束力は有効なのでしょうか。 よろしくお願い致します。

Facebook
Twitter
2023/2/19 13:25
ユーザ画像
荒木 勝次 専門家
location_on 埼玉県

会社が倒産した場合、会社が保有する知的財産は会社債権者によって処分されることがあります。しかし、知的財産は譲渡や使用許諾などの方法で処分されることもあります。 ①会社が保有する知的財産が誰かに譲渡されなかった場合、会社債権者によって処分される可能性があります。ただし、会社が倒産している場合は、会社債権者が知的財産に関する権利を主張することは稀です。 ②制作したウェブサイトが会社に帰属するかどうかは、ウェブサイトを作成するときの契約内容や著作権法によって異なります。一般的に、制作者が自らの費用や労力で制作したものは、著作権を有する場合があります。ただし、契約書に別段の定めがある場合には、それに従う必要があります。 ③譲渡する際には、譲渡書に譲渡する知的財産の種類や譲渡条件、譲渡金額等が明確に記載されている必要があります。譲渡書に社判や決裁者印があれば、法的拘束力が発生することがありますが、書類のフォーマットによっては、法的拘束力が発生しない場合もあります。