実用新案 に強い 弁理士 の一覧


実用新案は、新しい形状や構造、組み合わせに関する技術的アイデアを保護するための知的財産権です。特許と比べて、出願から権利取得までの期間が短く、審査も簡略化されています。特に改良技術や小発明の保護に適しています。実用新案の出願には、発明の詳細な説明、図面、要約書の提出が必要です。弁理士のサポートを受けることで、申請書類の作成や審査対応を効率的に進めることができ、権利取得の成功率が高まります。これにより、企業は新技術を迅速に保護し、競争力を強化することができます。

1 件中 1 - 1 件表示

大平国際特許事務所 担当者名: 大平和幸

payments
料金表あり

大平和幸さんのプロフィール画像
location_on

神奈川県 川崎市中原区新城中町8-23-101

train

南部線武蔵新城駅から徒歩10分


得意業界
インターネットサービス
農業・林業・漁業
製造業
飲食サービス業
教育・学習支援業
医療・福祉
【商標登録率ほぼ100%、特許登録率90%以上の特許事務所】 東大卒、博士、元大学院大学教授、内閣府SIP知財委員の弁理士です。研究歴20年、弁理士歴22年で、先端科学技術にも、法律の実務にも精通しています。バイオ、食品、医薬、化粧品、ITが得意です

地域から探す

無料
タチアゲロゴタチアゲ
専門家一括問い合わせ
専門家選びにお困りの方はこちら

他カテゴリから探す

0件選択済み